スイング 弾道

弾道が安定しないときにスイングで力を抜くための練習

自分のスイングの形を安定させるためにゴルフ練習場に行って練習をすることも多いと思いますが、ゴルフの練習場で弾道が安定しなくなるときがあります。こうした時は、意識すればするほど弾道がますます安定しなくなってしまう・・・なんてことも少なくありません。

 

そのような状態になる原因は、体に力が入りすぎてスイングにムラが出てしまうからです。そのような時はグリップを少し見直すと良いでしょう。

 

ゴルフの基本はクラブの握り方から始まります。左手の人差し指の付け根から握り始めて、最後に小指で握ります。この段階ですとただ握っているだけなので少し硬い動きになってしまいます。

 

そこでもう少し柔らかい握りにするために少し練習をしてみましょう。

 

このゴルフクラブを握っている左手だけでクラブを垂直に持ち上げてみましょう。そうしますと手首にはクラブの重みが伝わるはずです。今度は握った左手の「薬指」だけでクラブを握ってみましょう。案外クラブは落ちません。指一本でもクラブは握れるということが分かります。

 

そして再び左手全部の指でグリップを握りますと、少し薬指に意識が残った状態でクラブを握ることができます。この薬指への意識を残しつつ、少しクラブを振り回します。すると先ほどの硬い動きから今度は少し力の抜けた、滑らかな動きが感じられるはずです。

 

クラブを全ての指でがっしり握ってしまうとスイングが硬くなります。力を抜くといってもどう抜けばよいのか分からない・・・そういう場合は上記のように薬指に気持ちを残してクラブを握る練習をするとよいです。

 

少し力が入りすぎてスイングや弾道が安定しなくなったら、このように薬指に気持ちを残す練習をしてみましょう。