スイング 脇

脇を締めてスイングするのに実際に脇を締める練習をする必要はない

ゴルフを始めて間もない人は、ショットがたいていスライスしてしまうのではないでしょうか。

 

ゴルフの初心者にスライサーが多い理由として最も多いのは手で打ちにいくというものです。というのも、ボールを手で打ちにいくとクラブの軌道が外側から内側に入ってしまいます。そうすると、ボールをこすることになってしまうのです。

 

とはいえ、手で打ちに行くのは避けるようにといっても、じゃあ実際にどう打てばよいのか?と困惑してしまう場合も多いのではないでしょうか。

 

ここではボールを打ちに行くときのポイントを上げておきます。手はあくまでも体の一部であり、体が回転するのに従い手が付いてくる感覚が重要です。そのために注意を向けるのが脇です。特に右脇を締めておかなければならないのです。

 

ただし、脇を締めるとは何も上腕を体につけておくということではありません。そんなことをすると、体が硬くなってしまってトップまでクラブを運ぶことができなくなってしまいます。それでは逆効果になります。脇を締めるというのは重要ですが、文字通り脇に力を入れて締めてしまってはクラブが振りぬけません。

 

よくゴルフの解説書に脇の下にグローブを挟んで打つ練習が書いてあると思います。それは確かに脇を締めてスイングをするための方法ではありますが、実際にその方法でスイングをしようとすると打ちづらくてしょうがないはずです。「え、こんな方法で合ってるの?」と思いますよね。そばにコーチがいて練習をするのならよいのですが、自分一人だと疑心暗鬼になるんじゃないでしょうか。この辺りが本を見ながら自分で練習をするときの難しさだとも言えます。

 

自分で練習をするときはもう少しやり易いやり方をお勧めします。脇にグローブを挟まなくても、脇の辺りに意識を集中させて構えれば自然に締まるようになります。そしてスイングの軌道を意識するのです。軌道を内側から外側にクラブを放り投げるの気持ちでクラブを引きおろすのです。

 

間違ってもボールを打ちにいってはいけません。スエーもしやすくなってしまいます。それよりもクラブのヘッドの重さを意識してストンとひじを落とす感じが大切です。

 

これが、体の軸をしっかり回し、腕が自然と付いてくる感覚でもあります。腕に変に力をいれず、脇を意識しながらクラブを振り抜くこと。自分の中でしっくりくるよう、何度も練習してみてください。

 

また、脇を締めるという視点でプロのスイングの映像を何度も見て、見本とすべきスイングを覚えこませるのも良い方法です。その場合、実際のゲームでのスイングよりも教育用のスイングを見たほうが良いです。ゲームでのスイングは、プロが自分の体に合うよう長年かけて完成された独自のスイングである場合があるからです。