ゴルフ上達

ドライバーを練習する前に自分のフォームを固めることが大切!

ゴルフのスキルアップというとなんだか漠然としてしまいがちですが、ここでは大きく目標を2つに明確化してみましょう。

 

その一つは自分の理想とするスイングフォームを獲得すること。そしてもう一つは実際にコースに出て目標スコアを出すことです。

 

ゴルフ初心者がスキルアップを考える場合、まず自分の理想のスイングフォ―ムを獲得することが最優先事項となります。初心者でうまくボールにあてることができないという方がいます。その多くの場合はスイング中に頭や上体が動き、ヘッドのスイング軌道が安定しないからですが、特にドライバーの場合は遠くへ飛ばそうという意識が強すぎ、力が入りすぎる傾向があります。

 

そんな時に言われるのが「力まずにスイングすること」というアドバイスですが、力んでしまう人に「力むな」と言っても難しいものです。力まないようにするはずが、却って力んでしまう、というのは普通によくあることですからね。

 

その場合ショートアイアンで力まないスイングフォ―ムを固めてから、ドライバーを練習することをお勧めします。ショートアイアンの方がスウイ―トスポットを外す可能性は少ないですし、力んでもボールは飛びませんから、自分のスイングフォームに集中できます。

 

そしてドライバーを打つ前に、ミドルアイアンを持ってドライバーのスイングをしてみてください。するとドライバーの時はヘッドに意識が集中していますが、アイアンでスイングをするとヘッドよりもシャフトの軌道に意識が向きます。そして自分のイメージするスイング軌道を確認できてから、ドライバーの練習をしてみてください。そうすれば自然と飛ばすという意識が減り、自分の理想のスイングで打てると思います。