ゴルフ上達

パターを練習するときに上達度がグッと変わってくる、練習の勘所とは?

パターというのは簡単そうに見えて、なかなかうまく行かず難しいものです。反面、スイング時に力を抜きやすいということでコツを掴めば上達もまた早いものです。パターの上達の傾向としては、一気にブレークスルーというよりも、スキルが徐々に上がっていくという傾向が多いですね。

 

さて、ゴルフをはじめたばかりの人のパターの練習方法を紹介します。パターで重要なポイントは「ボールの進行方向」と「ボールの強さ」の2つです。

 

まず進行方向についてですが、真っ直にボールを打つためには、手首をかえさずに打たなければいけません。そのためには手の甲を前に出すことを意識しボールにあてて押し出すイメージを持って打つこと。この時、上半身や頭は動かさないようにして、腕だけが力を抜いた状態で動けるようにします。身体の軸がぶれると、必ず左右に曲がりますので曲がる癖があれば、曲がる方の身体が動いてぶれていることになります。またその際、紐や棒を置いて、進行方向に平行にボールが進むように意識して打つと効果が高くなります。そして、早くパターを上達させることができます。

 

パターで真っ直ぐ打てるようになったら次は距離感の把握です。ボールを打つまでの速さは一定にして、長さ(距離)で違いを確かめて行きます。30cmだとボールは2m進むというように、自分なりの距離を覚えます。距離については、自分で感覚を掴むしかないですね。何度も練習をして距離感を掴みましょう。そのためにはパターの練習で距離を意識して打つことです。自分の狙った距離だとどの程度の強さなのかを身体に覚えこませるようにしましょう。

 

そうすると本番でも距離に合わせたパターを打てるようになります。