ゴルフ上達

まずやっておきたいアイアンの練習方法について

ゴルフのショットでアイアンはとても重要です。初心者のうちはアイアンが上手に打てるだけでそこそこのスコアまで出るものです。逆にいうとアイアンが下手であれば、スコアは一向に上がってきません。

 

ではゴルフ初心者がアイアンを上達させたい時の練習方法を紹介します。

 

本来アイアンはドライバーとは違い距離を飛ばすものではありません。7番アイアンなら120ヤードというようにクラブの番手によってまっすぐで正確な距離が打てるようにするものです。

 

ここで大事なのは、クラブの番手によって打ち方を変えないということ。番手によって打ち方を変えずに安定したフォームをつくることが上達への近道なのです。

 

そのためにはまずは体重移動を注意するようにしましょう。右足に全体重を移し、止めたところから一気に左に振り抜きます。その際、手の甲をボールにヒットさせるように垂直にあてます。頭はあまり動かさずにボールを打つのを確認するようにしてください。ボールを打つのを確認してからゆっくりと頭をあげます。

 

ここで決してすぐにボールの行方を追わないこと。すぐに頭を上げてしまうとボールの上を打ってしまい、きれいに打ち上がらずに低く飛ばない打球になってしまいます。

 

アイアンの番手は打ちやすい角度の7番アイアンあたりから練習をはじめるとやりやすいですよ。