ゴルフ ボール まっすぐ

初心者でもゴルフボールをまっすぐ飛ばすための方法

最初ゴルフ始めた頃は、ショットではイライラしてばかりだと思います。スイングをしても、まずボールがなかなか当たりません。そして次のハードルが、ボールがなかなかまっすぐ飛ばない…ということではないでしょうか。

 

反対に、ボールがまっすぐに飛ぶようになれば、狙った方向にボールが飛ぶことで一気にスコアが伸びてきます。

 

ここで初心者が陥りやすいクセについて2つ注意点を挙げましょう。

 

(1)ボールを打った時にすぐに頭を上げてしまう

 

1つ目のクセは、ボールを打った時に、すぐに頭をあげて前を見ようとすることです。ボールがクラブに当たっているか、そしてボールがちゃんとまっすぐ飛んでいるかをすぐに確認しようとすることが多いのです。

 

確かにボールが当たっているか、ボールがしっかり飛んで行ったかが気になるのは分かります。しかし、ちゃんとクラブを振り終わるまでは前を見ないで、ボールをちゃんと見る事が大切です。

 

ただ中には、「インパクトが終わってから前を向いてるんですけど」と思う方がいるかもしれません。

 

しっかりインパクトが終わってから前を向いているのであれば問題ないのですが、実際は異なります。すぐに前をみる意識があるとインパクトの前から体が開き気味になってしまうのです。

 

結果として、自分で意識しないのに、ボールを打つまでに前を向き、体が開いてしまいます。

 

体が開いてしまうとボールはまっすぐ飛びません。気持ちが打ち終わる前に前を見ていると、まっすぐ飛ばすのが難しくなります。初心者はまずボールを当てて、まっすぐ飛ばす事が第一です。

 

そのためには、スイング時に体が開いてしまわないようにすることを体に覚えこませる必要があります。だから、クラブを振り終わるまでは前を見ない方が良いのです

 

(2)利き腕に力が入ってしまう

 

2つ目のクセとして、ボールを打つ時に、利き腕に力が入ってしまうことです。初心者は、普通にスイングするとどうしても利き腕に力が入ってしまいます。だから、右利きの人は左手だけで打つ感じにすると、まっすぐ飛びやすくなります。その際、右手は添えるだけにすることです。逆に、右手に力が入るとゴルフクラブがブレてしまうことになります。

 

ボールを正確に飛ばすためには、左手の甲を打つ方向に対して直角にインパクトする必要があります。ボールの方向をコントロールするのは左手ということです。右手に力が入るとグラブのフェースが返りやすくなります。クラブのフェースが返ってしまうと、ボールに余計な回転がかかります。結果としてボールが曲がることになります。

 

利き腕は、油断しているとすぐに力が入ってしまいます。そのため、「利き腕は添えるだけ」ぐらいで調度よいのです。

 

 

ボールをまっすぐに飛ばすための基本はこの2つです。この2つをマスターすればまっすぐにボールが飛ぶようになります。初めはうまく行かないかもしれませんが、意識をすることで徐々に改善していくはずです。根気強く続けてください。