アイアン 練習

アイアンで狙った方向にボールを飛ばすための練習

初心者の場合、ボールの飛ぶ方向が定まらず苦労することが多いと思います。
その理由として、クラブがボールにあたる瞬間のクラブのフェイス部分の角度が定まらないからです。
フェイス部分の角度を一定化する方法としては、何百回とクラブのスイングを繰り返せば、自然とフェイスの角度は一定化してきます。ただそれでは根性論に近いものになってしまいますし、却って変な癖がついてしまう場合もあります。そこで、もう少し効果的な練習方法を紹介します。

 

スイングする時に、トップの部分でフェイスの向きが正しければ、そのまま振りおろすだけで良くなりますよね。しかしトップ部分での、クラブのフェイスの向きは自分では見えないですし、本当に正しいかどうか判断ができません。

 

そこでお勧めなのが、フェイスの角度を一定化するために、フェイスの向きを最初に作ってしまって練習をすることです。ボールをセットした後に、手首だけを曲げて、そこでトップでの形を作ってしまいましょう。あとは、そのまま腕を伸ばせる所まで上にあげれば良いだけです。

 

この時に大事なのが、決して手首の向きは変えないこと、手首の向きを保つことです。クラブの重さで手首の向きが変わってしまっては意味がありません。手首の向きを保つことが出てるか不安なようであれば、腕を動かさずに、手首だけを曲げて、それだけでボールを打つ練習を何度かして、ボールに当たる感覚を覚えるのも良いでしょう。

 

良いショットが打てるフェイスの向きや手首の角度が分かり、手首の角度やインパクトの感覚がつかめれば次の段階です。あとは、そのままの状態を保ちつつ腕を上げ、そして腕を上げた時と同じ軌道で腕を降ろすだけです。