スイング 基本

ゴルフの上達の近道はスイングの基本を体に覚えこませること

ゴルフのスイングで重要なのは手だけで打つのではなく、体全体でスイングをするということです。ゴルフの初心者は特に注意をしなければならない点です。ボールとインパクトするのはクラブなので、なるべくスイングスピードを上げようと、腕に力を入れて振ってしまう。。。というのがよくあるパターンです。

 

しかし、スイングスピードを上げた上で、安定したスイングをするには、体の軸を意識して体全体でスイングをする必要があります。最初は感覚をつかみにくいかもしれませんが、これはゴルフの基本ですから、しっかり頭に入れてくださいね。

 

そのためにまず覚えなければならない体の動きとして、腰を回して体全身を使ってスイングするという感覚です。これを覚えることです。特にゴルフを始めたてのとき、とにかく飛ばそうと力任せに腕だけでスイングしがちになりますが、その悪い癖が染みついてしまっては後々改善するのが難しくなるので気を付けてください。

 

まず基本的なこととして、ゴルフは力を入れなくても、きちんと芯でとらえれば飛ぶということを理解しなければいけません。クラブ、バット、ラケットなどを振ってボールにインパクトするスポーツはすべて同じです。芯でとらえることが最重要となります。大きく振り回すのはこの感覚を掴んでからでも遅くありません。

 

この、芯でとらえる感覚を覚えるために、練習場ではドライバーなどの大きい番手ではなく、SWやPW、9Iくらいの番手でしっかり振り切る練習が効果的です。

 

その時にただ打つのではなく、腰をしっかり回すことを意識すること、そしてボールを最後まで見ているようにしてください。ボールを打つときに目を離したりヘッドアップしてしまうと、体の軸がブレてしまいます。その場合、トップしたりスライスの原因になります。

 

だから、最初にしっかり振り切った後にボールを追いかけるという癖をつけてください。練習で何に意識を向けるかですが、最初はきれいに当たらなくてもいいぐらいです。それよりも、とにかく背筋を伸ばしてしっかりトップまでゆっくりクラブをあげ、フィニッシュの形まで持って行くようにすることが大切です。

 

それを続けることで、体全体でスイングをするという感覚が身に付きます。いわば、ボールに当てにいくスイングではなく、スイングの途中でクラブにボールが勝手に当たるという感覚です。どの番手でもスイングは一緒ですので、スイングの基本が身に付くことで結果的にゴルフの上達が早くなるのです。

 

まずは振り切りやすい番手のクラブを使うこと。そのクラブを使って体全体でスイングすることを意識すること。特に腰のひねりは重要です。そして、スイングの最後までボールから目を離さないこと。これらを意識しながら練習をすることで、スイングの基本を体に覚えこませましょう。