ゴルフ バンカー

ゴルフのバンカーでのルールについて

ゴルフのコース上では様々なルールがありますから、ゴルフの初心者として初めてコースに出るとはいえ、コースに出る前に最低限覚えておいたほうが良いルールがあります。コースでは自分のグループ以外にも多くのグループがプレイしています。他の人に迷惑をかけないようにするためや、ゴルフを楽しむためにもルールを知っておいたほうが良いのです。

 

ここではバンカーについてのルールを簡単に説明します。バンカーとはゴルフのコース内に障害物として設けられた窪地のことを指します。現在のコースでは、ほとんどの場合は砂地です。芝生のバンカーでは障害物にならないですからね。。。

 

さて、このバンカー内のショットにもルールがあります。まず、バンカー内でスタンスしているときにボールが動いてしまうと1打分のペナルティが科せられるということ。またバンカー内での素振りは禁止されており、バンカーショットを打つ前に素振りをすると2打分のペナルティを科せられるというものです。ただしバンカーからボールが出たときは素振りしても良いというルールになっています。

 

それとバンカーショットで初心者にありがちなのが2度打ちです。クラブにボールが2回当たってしまうことですが、2打分のペナルティになってしまいます。バンカー内はボールも不安定なことが多いので意図せずボールが当たってしまうこともありますので気を付けてください。

 

この辺りはルールというよりも、バンカーショットのコツという部分かもしれません。バンカーを攻略するのは難しいのですが、ゴルフをする上でバンカーは避けられないものです。誰しも嬉しくないバンカーですが、いずれ攻略しなければならないのであれば、最初から極端な苦手意識はもたないこともまた重要なことです。

 

基本的なルールを知った上で、コーチから指導を受けたり、あるいはゴルフ上達用のDVDなどで研究するなどにより早くコツを掴むことができるでしょう。


関連ページ

ゴルフの初歩の初歩、ゴルフの勝敗について
ゴルフではどのように勝敗が決まるのか
ゴルフのグリーンやティーグランドでの基本ルール
グリーンやティーグランドでの基本ルール