ゴルフ グリーン ティーグランド

ゴルフのグリーンやティーグランドでの基本ルール

ゴルフを始める上での基本的なルールを説明しています。細かいルールはおいおい覚えるとして、基本的なルールを知っておくことはゴルフの上達を早めるのに役立つはずです。さて、ここではティーグランドでのルールについて説明します。

 

ゴルフはまずティーグランドにティーを立て、その上にボールを置いて1打目を打ちます。ティーグランドではボールを打ちやすくするために、ちょっとした雑草を抜いても良いですし、軽く土をならすのも良いのですが、素振りをするときはボールからクラブを離して行わなければいけません。ペナルティーとならないよう、注意してください。

 

グリーンではパターというクラブを使ってボールを打ちます。グリーンでも基本的には順番に打っていきますが、カップに入らなかったときはボールの代わりにマーカーを置きます。そして次に自分が打つ順番になったらマーカーのところにボールを置いて打ちます。

 

またグリーンでパッティングするときに気を付けてほしいのが、カップに立ててあるピンです。グリーン上でパッティングをする際にボールをピンにあててしまうと、2打罰になってしまい、2回打ったことになってしまいます。グリーンでパッティングをする際はピンを抜いてもらってください。

 

ゴルフの初心者は基本的なルールから徐々に詳しいルールを知ることで楽しみながらゴルフをするのも良いでしょう。


関連ページ

ゴルフの初歩の初歩、ゴルフの勝敗について
ゴルフではどのように勝敗が決まるのか
ゴルフのバンカールールについて
バンカーショットのルールについて