ゴルフ 技術面 精神面

スコアを上げるためには精神面も重要

ゴルフは精神面が大きく影響してくるスポーツです。心理面で乱れてくるとショットやパターがガタガタになってしまうことは珍しくありません。これはプロでもよくあることなので、素人が精神面に注意してというのも簡単ではないですが、それでも気を付けることである程度改善させることは十分可能です。

 

大切なのは『自分でもできる範囲で精神面を落ち着かせるようにする』ということです。

 

うまくいかなくてカッカしているとき、あるいはイライラしているときは少し深呼吸をして心を落ち着かせるようにしましょう。少しの間、目をつむるのもよいでしょう。目をつむって、自分のベストショットをイメージするとより効果的です。

 

といっても、何をどうイメージするのかは慣れていないと案外難しいものです。ここではイメージの方法について1つ紹介します。

 

 * * * * *

 

自分がウェアウェイのど真ん中に打つことができたイメージをなるべくありありと思い浮かべてみてください。ベストショットを打った際に自分の周りから聞こえてくる声や音もイメージしてみます。その時に自分がどんな言葉を発しているのか、もイメージします。

 

例えば次のような項目を具体的にイメージしてみましょう。

 

・コースの明るさは?
・コースの天気は?
・ボールを飛ばした先の景色は?
・周りに何人ぐらいがいる?
・周りからどんな声が聞こえてくる?
・コースの天気は暑い?寒い?
・クラブを握っている感覚は?
・芝生の上に立っている感覚は?

 

というように、イメージが明確であればあるほど効果があります。最後に重要なのが、ベストショットを打った場面での自分の感情です。

 

嬉しい!、ヤッタぁ!、最高!、奇跡!、俺は天才だ!、神様ありがとう!

 

などなど。人間の意識は不思議なもので、想像の世界でも現実の世界でも湧き上がる感情は同じものです。その人それぞれポジティブな感情が浮かんだはずで、その感覚を再度味わいましょう。

 

また上記のイメージは、普段のイメージトレーニングでも応用可能です。いわば、『成功の先取り』ということですね。この方法はわずか数秒~数分ぐらいでできるイメージトレーニングですが、とても効果のあるものです。

 

1つ言っておくと、コースに出て必要になってからイメージをするのではなく、普段の日常生活上で繰り返しイメージ練習をしておくことが大切です。慣れてくると、イメージングを開始して1分もしないうちに感覚が湧き上がってくるようになります。それぐらい、イメージがすぐに湧くようになったら本番のコースでも実用可能になります。

 

そのためには、やはり普段から「イメージ→体感覚」の練習を行っておくことです。