スコア100 目安

スコア100切りを達成する目安ってどのぐらい

自分がまだスコア100を切ることができないときは、他人がどれぐらいでスコア100を切ることができているのかというのは気になるものです。それも、スコアが伸び悩んでいるときは特に。。

 

スコア100を切っていなくても、着実にスコアが伸びているときは、他人のスコアもそれほど気にならないものですが、スコアがなかなか上がらないときは「他の人もこんな感じなの?」「足踏みしてるのは自分だけじゃないの?」という気持ちがつい出てきてしまうものです。

 

じゃあ、実際のところ100を切れるまでの目安は?と考えた場合、単純にこれぐらいという答えを出すことは難しいところです。スコア100を切るまでの期間というのは、人によって、素質、練習の頻度、コースに出る頻度、指導や手本があるかないかによって大きく変わってきます。

 

人によっては、数か月でスコア100を切ることができる人もいますし、また3年4年とかかる人もいます。また、1度100を切ったけれども、その後また100オーバーが続くという人もいます。

 

趣味でやっている以上、ゴルフに掛ける時間は人それぞれですから、平均してこれぐらいで100を切れるように、というのはなかなか難しいものです。ただ共通して言えるのは、何かポイントを掴んだことによって100を切ることができるようになった人が多いということです。

 

練習を継続したことでスコア上達のポイントをつかむこともありますし、とある人からのアドバイスにより開眼することも有ります。また、コースにでてプレーをした際に、自分できっかけをつかむという場合もあります。

 

ただいずれにしても、ゴルフの上達のポイントやタイミングは人それぞれです。なかなかスコアがアップしなくても焦りは禁物です。

 

「他人のスコアを意識しすぎない」
「自分でできる練習を普段から行う」

 

ということを続けることによって、徐々にスコアは上がっていきます。一方、注意しなければならないのは『間違った方法で続けても逆効果』だということ。ここは注意してほしいポイントです。

 

スポーツが上達するポイントは2点あります。

 

1つ目は『上手な人のマネをすること』、2つ目は『アクションの結果を確認して次回にフィードバックすること』です。これはどんなスポーツでも同じで、上達が早い人というのは、意識してるしてないにかかわらず、この2つのポイントを行っているものです。自分が手本とする人を見つけて、その人の動きを自分でトレースすることで上達の度合いは著しく上がります。

 

トレースを徹底する人によっては、ゴルフ場での振る舞いだけでなく日常生活での振る舞いまで似せることもありますね。ゴルフ上達のためにそこまでマネをする必要はないですが、一方、そこまでマネをする気持ちがなければ急激な上達には結びつかないとも言えます。

 

自分の今の状態を補正するのに、ゴルフスクールやコーチに見てもらうという方法が一般的ではありますが、あとはDVDを何度も見ることで少しでも理想のスキルに近づけるということも可能です。

 

つまりは適切な指導や手本を参考にしながら自分の欠けている部分を見つけていくことです。これを続けていけば、早かれ遅かれスコア100切りは実現します。